この記事ではクロノセルに配合されているヒト幹細胞培養液について詳しく書いていきたいと思います。
今、エイジングケアで最も注目を集めている「ヒト幹細胞培養液」のホントのこと知りたい人は要チェックですよ。

 

幹細胞とは?

クロノセル,ヒト幹細胞培養液

 

ヒト幹細胞培養液を説明する前に、まずは幹細胞について少し触れていきますね。

 

幹細胞を簡単に説明すると骨や血管、肌や心臓・筋肉など体のいろいろな細胞に成長できる能力を持つ細胞です。

 

この幹細胞を使って、人工的に培養した細胞などを使って臓器などの体の修復を行うことが再生医療と言われています。

 

現在再生医療の分野では、幹細胞を使った研究がいくつかに分かれて行われています。

 

再生医療の幹細胞研究:ES細胞

以前はマウスからしか作り出すことができませんでしたが、最近では人の卵子から作り出すことが可能になってます。

 

再生医療の幹細胞研究:iPS 細胞

京都大学の山中博士がノーベル賞を受賞したことで聞いたことのある人も多いと思います。体内の線維芽細胞などを抽出して、遺伝子操作をすることで人工的に多能性のある幹細胞を作り出すというものです。

 

再生医療の幹細胞研究:生体幹細胞

体の中に存在する多能性の生体幹細胞を使った再生医療です。

 

私たちの肌に含まれているコラーゲンやヒアルロン酸、肌に必要な様々な細胞を生み出す線維芽細胞もこの幹細胞によって作られています。

 

幹細胞はお肌の真皮の中と、表皮の基底層にあることが分かってきました。

 

表皮の幹細胞

この幹細胞は自分と同じコピーの細胞を作り、さらに新しい角化細胞を作ります。
こうして生み出された角化細胞が肌のバリア機能を維持してくれます。

 

真皮の幹細胞

この幹細胞も自分と同じコピーの細胞を作り、さらに線維芽細胞を作って美肌成分のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを補給してくれます。

 

実は肌の幹細胞も年齢と共に減少してしまうことが明らかになってきています。
それによって新しい肌を生み出す能力が低下してしまうのです。

 

ヒト幹細胞培養液とは

 

人の幹細胞を培養する時に 幹細胞自身が分泌する成分がたっぷりと含まれています。
幹細胞は自分を増殖する時にタンパク質を生み出します。これが成長因子・グロスファクター・増殖因子と呼ばれています。

 

この成分は1種類だけではなく、200種類以上も含まれています。この細胞ではこんなにたくさんの種類を必要としませんので、幹細胞はどんな細胞にも変身ができる希少な細胞なので多くの分泌を必要とします。

 

ヒト幹細胞培養液がなぜ化粧品に使われているの?

 

今までの化粧品の世界は、油分や有効成分を補うことが主流でした。でも、外から補うだけではエイジングケアの限界があることも事実です。

 

今までの補うと言う化粧品の考え方から、再生してバリアするという全く新しいスキンケアへ考え方がシフトしてきています。

 

こうしたエイジングケアの中で最も注目を集めているのが幹細胞培養液です。

 

幹細胞とだけ聞くと ES 細胞や IPS 細胞を直接使うのかと勘違いする人が多いみたいですが、 ES細胞は人の受精卵を使いますし、iPS 細胞は遺伝子操作をするので、倫理や遺伝子の問題で 化粧品に応用するには時間がかかりそうです。

 

幹細胞培養液は人の受精卵や、遺伝子操作を行わずに、ヒトの細胞(特に太ももや腹部の脂肪組織)に多く含まれている幹細胞を取り出して培養します。

 

 

このように解決するべき問題が少なくて、人への応用が簡単なので、エイジングケアでは今最も注目を集めています。

 

ヒト幹細胞コスメの持つ可能性

クロノセル,ヒト幹細胞培養液

 

ヒト幹細胞培養エキスには皮膚の幹細胞を元気にするパワーの源がたくさん入っています。
この中には成長因子や酵素、抗酸化酵素(SOD)、コラーゲンやヒアルロン酸、などの成分が豊富に含まれています。

 

ヒト幹細胞培養液には色々な成長・増殖因子が含まれていますが、これは細胞から細胞に情報やサイン送るタンパク質のことです。

 

例えば、肌の内部にあるヒアルロン酸が不足していることを察知した幹細胞は「幹細胞を 増やせ」と「ヒアルロン酸を増やせ」というサインを出す成長因子を分泌します。

 

ですが、ヒト幹細胞培養液は肌の表面だけでは無く真皮層まで美容成分を届けてあげる必要があります。 そのためにも水や油にもよく馴染むように開発されたクロノセルは肌の表面だけではなく内部までにも浸透できるよう工夫されています。

 

幹細胞は表皮だけではなく真皮層にも存在しますので、ヒト幹細胞培養液が肌に届く事によって、乾燥や紫外線から守ってくれる表皮層の働きが活発になり、またうるおいや弾力にもつながる真皮層も活性化していくことが期待できます。

 

ヒト幹細胞培養液は育毛にも効果があるの?

 

クロノセル,ヒト幹細胞培養液

 

ヒト幹細胞培養液は育毛の分野でも注目を集めてます。 頭皮も顔と同じ皮膚の一部です。線維芽細胞や毛母細胞そして幹細胞を活性化することが期待できます。

 

男性の場合、薄毛になる理由が明らかになってきているので、AGAの治療などが目立ちますが、女性の場合は多種多様な原因があり、これといった特定なものがないのが現状です。

 

ですが、年齢を重ねるにつれて薄毛になっていく確率が高くなっていくのは、様々な調査の結果明らかになってきています。(ただ、一概には言えませんが)
ヒト幹細胞培養液での薄毛の治療が期待されるところですね。

 

ヒト幹細胞培養液のエステが流行!?

 

クロノセル,ヒト幹細胞培養液

 

ヒト幹細胞培養液を配合したコスメを贅沢に使用したサロンも人気です。高機能高品質のフェイシャルコースはとてもゴージャスな気分で満足度の高い気分が味わえます。

 

ヒト幹細胞コスメは失ったものを補うケアから細胞そのものを活性化させるスキンケアに進化してきています。

 

それに伴ってエステでもその場限りではなく、根本的にアプローチが可能に。

 

ヒト幹細胞コスメは毎日使うの?

 

クロノセル,ヒト幹細胞培養液

 

ヒト幹細胞培養液が配合されている幹細胞コスメは、毎日使うようにしましょう。
できれば朝と晩一日二回が望ましいです。
そして、一か月以上は継続して使い続けてみましょう。
肌は内側から変わっていきますので、1日2日で判断はできません。

 

長く継続してこそ、肌の違いがわかってきます。

 

ヒト幹細胞コスメのクロノセルの可能性

 

今までのスキンケアは、乾燥でパサパサになった水分を補うために化粧水をつけたり、これ以上乾燥がひどくならないように乳液やクリームを塗ったりすることがほとんどでした。

 

さらに肌の老化の原因ともなるヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどのタンパク質の不足を補うために浸透性に優れた低分子つのコラーゲンなどが開発されてきました。
これまでのスキンケアでは失ったものを補う後からの対処方法でしかなかったのです。

 

ですがヒト幹細胞コスメのクロノセルでは肌の表皮と真皮にある幹細胞に「美肌を作りましょう!」とサインを送り細胞を活性化させることで、細胞の老化を遅らせて、肌トラブルの原因になっているだろうかを修復して、肌の組織から若々しい状態に再生してくれることが大きく期待できます。

 

口コミでは「しっとりした」「リフトアップした」「落ち着いた」「柔らかくなった」「引き締まった」「肌が滑らかになった」「しわや小じわが目立たなくなった」などの肌コンディションがとても良くなったことが分かります。

 

 

まとめ

 

ヒト幹細胞培養液配合のクロノセルは細胞レベルでアンチエイジングに取り組む最先端のコスメです。

 

肌を構成する細胞一つ一つに働きかけて、新しい細胞を増やし能力を高めようという全く新しい化粧品です。

 

今までにないエイジングケアを始めるなら今です。

 

今なら初回限定80%オフキャンペーン中!

クロノセル,ヒト幹細胞培養液